司法書士紹介

代表 吉田 研三 よしだ けんぞう

登録番号No.6167
経歴
昭和52年3月7日  埼玉県朝霞市に生まれ、小学校より東京都板橋区に育つ。 東京都豊島区駒込で22年間司法書士事務所を経営していた父(吉田雄三司法書士事務所)の病死をきっかけに平成19年より司法書士を目指す。
平成13年  早稲田大学第一文学部を卒業後、ITシステム会社に入社し、官公庁向けのシステム営業に従事。
平成23年  司法書士試験合格。
平成24年  先代の吉田雄三司法書士事務所と同所にて吉田研三司法書士事務所開業。
はじめまして。司法書士の吉田研三と申します。この度は本ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

現代日本は、医療や介護が発達したことにより、長生きが当たり前の時代になりました。それに伴い、人生の最終ステージで、認知症等により意思能力や判断能力が衰えてしまい、自分の財産管理を十分に行うことができなくなってしまうという事態が新たなリスクとして生じてきました。このような状況に対し、これまでの法律や制度では、十分に対応できておりませんでした。

家族信託は、本人が元気なうちに信頼できる人(家族)に自分の財産を託すことで、財産管理、処分、運用、資産承継を適切に行うことができる仕組みです。家族信託では従来の成年後見や遺言書作成等ではできなかった対策がとれるようになりました。

「一人暮らしの母が施設に入所することになった。母名義の実家が空き家になってしまうので、すぐにではないけどいつか売却できるようにしておきたい。」

「父が80歳なのですが、認知症になってしまったら、父が所有しているアパートの建て替えや売却ができなくなってしまう。」

「先祖代々からの地主なのですが、私たち夫婦には子供がいません。私の死後は、妻の生活も心配ですが、財産は妻の親族ではなく、私の弟たちに継いでほしいと思っています。何かいい方法はないでしょうか。」

これらのお悩みを家族信託で解決しましょう。
当事務所では、家族信託の提案・導入に積極的に取り組んでいます。 遺言や成年後見とも組み合わせながらより良い解決策をご提案いたします。

趣味
お酒、読書、スポーツ観戦、ジョギング、ゴルフ

家族構成
妻、長女(小2)、二女(5歳)

資格・所属団体
・東京司法書士会所属 第6167号
・簡裁訴訟代理等関係業務認定 第1201173号
・公益社団法人成年後見センター・リーガル・サポート 会員
・NPO法人相続アドバイザー協議会 認定会員
・一般社団法人家族信託普及協会認定 家族信託専門士
・金融検定協会認定 ターンアラウンドマネージャー

司法書士 奥田 佳江 おくだ よしえ

登録番号No.8064
経歴
岐阜県出身
国立大学法人金沢大学法学部法律科卒業
平成13年 司法書士試験合格
令和1年 行政書士試験合格
趣味
・ピアノ(4歳から)
・読書(小説、ビジネス書、法律書など)
・テニス(最近始めました。)
・ボーカロイドの曲作り

家族構成
・夫、長男(中2)、長女(小6)

資格
・司法書士
・家族信託専門士

来所者限定 家族信託パンフレットプレセント中

相談無料/土日相談対応/家族信託に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。

0120-479-486
24時間受付 メールでのご相談はこちら
トップへ