家族信託専門士がしっかりサポート 「家族信託」で、認知症による資産凍結から大切な資産をお守りします

初回相談・出張相談 無料(23区内)/ご予約で土日・夜間相談対応可

JR山手線 東京メトロ南北線 駒込駅 徒歩1分

電話相談・オンライン相談 実施中! 当事務所では、電話相談・インターネットを使ったオンライン相談を実施しています。ご自宅で専門家と相談できますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。 詳しくはこちら

来所者限定 家族信託パンフレットプレゼント中

0120-479-486
24時間受付 メールでのご相談はこちら

家族信託相談メニュー

  • 施設入所に備えた家族信託

    • 施設費用を本人の口座から捻出したい
    • 入所後の不動産管理について対策したい
    詳しくはこちら
  • 不動産オーナーのための家族信託

    • 信頼できる家族に不動産管理を任せたい
    • 共有状態にならないよう対策しておきたい
    詳しくはこちら
  • 空き家対策としての家族信託

    • もし認知症になったとしても、いつでも処分できるようにしておきたい
    • 大切な家なので、管理を家族に任せたい
    詳しくはこちら
  • 共有名義対策としての家族信託

    • 共有状態にならないよう家族信託で対策を行いたい
    • 信託財産として管理することでトラブルを回避したい
    詳しくはこちら
  • 障害を抱えた子供のための家族信託

    • 子供が経済的に困らないよう家族信託で対策を行いたい
    • 子供の面倒を信頼できる家族に任せたい
    詳しくはこちら

代表挨拶

吉田研三司法書士事務所 代表 家族信託専門士 吉田研三

当事務所は、家族信託、相続等の財産承継についての豊富な実績・ノウハウを有しております。当事務所開設後7年間、相続の相談実績としては500件ほど扱っており、うち家族信託についての100件ほどのご相談を承ってまいりました。また、相続に関する豊富な知識を生かし、2か月に一回程度一般の方や士業の方向けに各種セミナーなども行っております。

日本は高齢化社会が進んでいますので、高齢者の財産管理や処分の問題は社会的な課題です。成年後見制度や遺言では実現できなかった柔軟な財産管理や処分ができる家族信託は、近年その重要性を増しています。家族信託は、生前の財産管理から死後の財産承継まで、自由度高く当事者の意思を反映できるスキームであり、今後財産管理の課題解決の主役になっていくことが期待されます。当事務所では、家族信託について幅広い知見を有し、信託借入や事業承継のための信託等についてもご相談に応じています。

家族信託は関係当事者が多く、委託者、受託者、その他家族の思いが交錯するものです。それぞれのご家族の思いをくみ取って最適なご提案をするために、常に依頼者の気持ちに寄り添うよう心がけています。また、依頼者の方が明るい気持ちになれるような元気かつスピーディーな対応を心がけています。

財産継承の最適な手段を模索するためのお力となるべく、初回相談料は無料とさせていただいております。また、23区内であれば、出張相談にも応じております。報酬については手続き終了後の後払い制とさせていただいております。家族の財産管理や承継について悩まれている方は、ぜひ一度ご気軽にご相談ください。

当事務所の3つの特徴

  • 特徴1 家族信託専門士がしっかりサポート

    当事務所では代表の吉田をはじめ、他1名が家族信託専門士という一般社団法人家族信託普及協会の認定資格を有しています。家族信託の専門知識を有する我々が、しっかりサポートをしたうえで、委託者や受託者、家族の方々の様々な思いをくみ上げた家族信託をご提案します。

  • 特徴2 相続に関わる 隣接士業との連携

    最適な相続のアドバイスには、税理士、弁護士、土地家屋調査士、保険、ファイナンシャルプランナー、不動産会社など隣接士業や専門家との連携も重要です。各種隣接士業や専門家との太いネットワークを持っておりますため、お客様のご相談に応じてスムーズな連携が可能です。

  • 特徴3 土日相談対応可能

    お忙しいお客様やご相談をお急ぎのお客様のため、ご予約をいただければ土・日曜日のご相談も承ります。ご来所が難しい方には電話相談やオンライン相談でも対応しております。家族信託への取り掛かりは早い方が良いことがほとんどですので、どうぞお気軽にご相談ください。

無料相談のご案内

「費用がどれぐらいかかるのか心配」 「家族信託すべきかどうか、相談してから決めたい」 このようなお悩みを抱えていらっしゃる方のために、

当事務所ではご契約前の相談料を無料としています。

来所相談0円/出張相談0円(23区内)/かかる費用については事前にしっかり説明します。/原則、追加費用をいただくことはありません。

家族信託にご興味のある方は、遠慮なく専門家にご相談ください。

相談の流れ

  1. お電話・メールでの相談予約

    まずはお電話、メールにてご連絡ください。電話受付は土日も含め9:00〜18:00まで対応しております。メールからのお問い合わせは24時間可能です。

    0120-479-486
    24時間受付 メールでのご相談はこちら
  2. 来所・出張相談

    お電話・メールでいただいた予約のご希望に対して、当所から折り返しご連絡させていただきます。来所にてご相談のお時間をとらせていただくか、ご高齢等諸事情により来所が難しい場合は出張相談も可能ですし、(ただし、出張対応範囲は東京23区以内に限らせていただき、交通費実費を申し受けます。)電話相談・オンライン相談も可能です。なお、初回の来所・出張相談は無料です。

  3. ご契約

    来所・出張相談の結果、正式にご依頼いただく場合、委任契約手続きとなります。料金については、別途見積もりにてご案内させていただきます。

来所者限定 家族信託パンフレットプレセント中

相談無料/土日相談対応/家族信託に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。

0120-479-486
24時間受付 メールでのご相談はこちら

家族信託とは?

家族信託とは、認知症による資産凍結を防ぎ、自由な資産の管理・運用を実現する生前対策のひとつです。

財産を託す方が委託者となり、信頼できる家族の誰かを受託者として財産の管理・運用を信託します。遺言や成年後見制度に代えて、または併用して利用することで、より財産を遺す方の希望を反映した財産管理や承継が可能となります。

家族信託はこのような人にオススメです。

  • 将来認知症等になる可能性に備えたい方
  • 介護施設への入居後の財産管理を任せたい方
  • ご自身が亡き後の配偶者の生活が心配な方
  • 障害のあるお子様に直接相続させることが不安な方
  • 所有不動産を共有で相続させることを避けたい方
  • お子様等への事業承継をお考えの方
  • 先祖代々継承していってほしい財産をお持ちの方

家族信託の仕組み

家族信託とは、財産の所有者である委託者が、家族等を受託者として財産を信託し、財産を管理運用してもらう仕組みです。信託された財産の名義は形式上受託者に移転しますが、受託者は信託契約等信託行為により定められた受益者のために財産を運用する忠実義務を負います。

委託者A(財産を託す人)「私の財産の運用は、あなたに任せます。」預ける 家族信託の契約 → 受託者B(財産を託される人)「Aのために、責任を持って資産の管理・運用を行います。」 Aさんの財産 管理・運用 不動産 金銭 利益を渡す → 受益者A(財産の利益を得る人)「Bの運用で得た利益をもらいます。

家族信託は成年後見や遺言とどう違う?

成年後見との違い

  • 家族信託の目的は、委託者の資産を適切に管理、運用、処分していくことであることに対し、成年後見制度の目的は、意思能力が不十分になった本人の保護と支援です。
  • 家族信託では、信託の目的に沿った範囲で、受託者は能動的に信託財産を使用、収益、処分できますが、成年後見人は、財産を目減りさせるような行為や、投資行為などリスクを伴うような積極的な資産運用はできません。
  • 家族信託では受託者のできることは信託財産の管理運用処分であるのに対し、成年後見人は財産の保全とともに施設の入居手続きなど身上監護権も有します。
  • 家族信託は、成年後見制度にある裁判所への報告義務等はありません。

遺言との違い

  • 遺言は被相続人の全相続財産の帰属を決めるものであるのに対し、家族信託は信託財産として特定された財産を対象とするものです。
  • 遺言は財産を遺す方の生前の財産の管理運用を定めることはできませんが、家族信託はそれが可能です。
  • 遺言の効力発生時期は被相続人の死亡時ですが、家族信託は契約により任意の時期から開始できます。

家族信託にかかる費用について

信託財産価格 コンサルティング報酬(税別)
3,000万円まで 30万円
3,000万円~7,000万円まで 36万円〜
7,000万円~1億円まで 60万円〜
1億円~1億5,000万円まで 83万円〜
1億5,000万円~2億円まで 113万円〜
2億円~2億5,000万円 158万円〜
2億5,000万円~2億6,000万円 188万円〜
2億6,000万円~3億円まで 194万円
3億円超 別途お見積
※上記は大まかな費用となります。実際はもっと細かい費用テーブルをご用意していますので、詳しくは費用ページからご確認ください。

家族信託の活用事例

共有者が皆高齢で不確定な将来の売却を見据えた共有不動産の家族信託

80代女性
資産 土地、建物、預貯金
家族構成 夫・子供ともに死亡につき独居
相談内容(依頼者の希望) 信代さんは、将来、自宅土地建物を売って売却資金を老人ホーム入居費にあてたいと考えています。建物は信代さん単独所有であるが、土地は夫から相続する際に夫の兄弟2人とともに相続し、現在共有です。その兄弟は2人とも売却につ...

市街地再開発事業開始にともない再開発組合の組合員としての権利義務行使に備えたい。

90代女性
資産 自宅、土地、建物
家族構成 長男、長女
相談内容(依頼者の希望) 託也さんには、都内にひとり暮らしをしている母信子さんがいます。母信子さんは高齢で物忘れはありますが、認知症には至っていません。 母信子さんの自宅が市街地再開発事業区域に含まれることになりました。信子さんの住んでいる...

認知症の進行に備えて、医療費、介護費用を確保するための事例。

70代男性
資産 自宅マンション、上場株式、預貯金
家族構成 長女
相談内容(依頼者の希望) 民子(30代)さんは現在夫と子供2人暮らしです。民子さんには遠方で一人暮らしをしている父信男(70代)さんがいます。兄は1人いましたが既に亡くなっており、亡くなった兄には子供が2人います。 最近、父信男さんがごく軽...

お客様の声

家族信託をご活用いただいたたくさんの方から、喜びの声をお寄せ頂いています

よくある質問

  • 家族信託は、信託銀行などにお願いしなくてもできるのでしょうか。

    可能です。家族信託は、家族間での信託契約の締結等のみで実施できます。

  • 親が認知症になっているのですが、今から家族信託契約を締結できるでしょうか。

    認知症により判断能力がない場合、家族信託契約の締結はできません。このような場合は、成年後見制度の活用等をご検討ください。

  • 家族信託の対象とできる財産にはどのようなものがあるでしょうか。

    金銭にかえられる財産的価値があるものでしたら、おおむね信託財産とすることができます。ただし、年金受給権のように一審専属的な権利は信託財産とすることができず、農地等のように実務上信託財産に含めることが難しいものもあります。

  • 家族信託契約を締結した後に、気が変わってしまった場合はどうすればよいでしょうか。

    信託契約の条項中に、委託者からの解除事由や契約の変更事由を定めておくなどの方法により、契約を終了させたり、条件を変更したりすることが可能です。

事務所概要

事務所外観の写真/事務所看板の写真/事務所内観の写真

事務所名
吉田研三司法書士事務所
代表者
吉田 研三
所属
東京司法書士会(第6167号)
電話番号
0120-479-486
所在地
東京都豊島区駒込1丁目42番2-407号
営業時間
平日9:00〜18:00

来所者限定 家族信託パンフレットプレセント中

相談無料/土日相談対応/家族信託に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。

0120-479-486
24時間受付 メールでのご相談はこちら
トップへ